花の山寺 普門寺

自宅の近くの山道を車で登っていくと、「花の山寺」と呼ばれ、近隣の人たちに親しまれている普門寺があります。 春はしゃくなげ、初夏には紫陽花、夏にはゆうすげ、秋にはそばの実など四季折々に花を楽しむことができます。 特に桜は春と秋の2回に渡って花を咲かせる四季桜が植えられていて、秋にはモミジの赤と四季桜のピンクのコントラスを楽しむことができます。 今日は、丁度シャクナゲが終わって見ごろの花はなかったのですが、静かな佇まいを写真に収めてきました。

 f:id:alpha_image:20180512203325j:plain

紫陽花祭りの案内が貼ってありました

f:id:alpha_image:20180512203409j:plain

美作八十八か所霊場の一つです

f:id:alpha_image:20180512203503j:plain

f:id:alpha_image:20180512203531j:plain

入口の雰囲気がいいですねー

f:id:alpha_image:20180512203610j:plain

f:id:alpha_image:20180512203635j:plain

f:id:alpha_image:20180512203700j:plain

春の赤い紅葉。

出猩々(でしょうじょう)

という紅葉が春にあかい色に染まるそうですが・・・

f:id:alpha_image:20180512203726j:plain

 

門の上から丁度太陽の光が。

少しゴーストが出てしまいました。

f:id:alpha_image:20180512203823j:plain

この門は、歴史を感じさせる門ですねー

f:id:alpha_image:20180512203846j:plain

 

f:id:alpha_image:20180512203910j:plain

f:id:alpha_image:20180512203932j:plain

 

f:id:alpha_image:20180512204000j:plain

f:id:alpha_image:20180512204024j:plain

 

f:id:alpha_image:20180512204048j:plain

f:id:alpha_image:20180512204115j:plain

田舎のお寺ですが、歩いていて、どこかしっとりとした趣を感じさせられます。

f:id:alpha_image:20180512204139j:plain

f:id:alpha_image:20180512204204j:plain

 この寺は、高野山真言宗のお寺になりますが、私の地区にはこの寺の檀家が多く、葬儀ではお世話になることが多いです。

今回は、少し写真の色合いが違うように感じると思いますが、クリェイティブスタイルを「クリア」にして撮ってみました。 「ニュートラ」と比べると、少しコントラストを強くして、濃厚な色合いに感じます。 これはこれで味わいがありますねー

 

 

 

春の蒜山を行く

ゴールデンウィークの一日。 時間の許される限り、1日時間の空けられる日には、蒜山の縦走路を歩いています。 この季節の蒜山は、花の山と紹介されているように、まさにカタクリイカリソウ、そしてイワカガミの群生がハイカーを愉しませてくれます。 今年も、いただいた貴重な時間に感謝しつつ、この山の山道を歩いてきました。

 

そして、今回初めてですが、偶然、逆さ蒜山の光景に出会い、写真を一枚撮らせていただきました。 水を張ったばがかりの田んぼに写る蒜山の山並み綺麗でした。

f:id:alpha_image:20180506192942j:plain

朝7時。 登山口に車が増えてきました。

f:id:alpha_image:20180506193013j:plain

木陰の山道は気持ちがいいですねー

f:id:alpha_image:20180506193036j:plain

5合目を過ぎ、笹原の山道を行きます。

f:id:alpha_image:20180506193120j:plain

f:id:alpha_image:20180506193147j:plain

f:id:alpha_image:20180506193208j:plain

いつもの雲井平ですが、ひんやりとした空気が気持ちいいー

f:id:alpha_image:20180506193234j:plain

f:id:alpha_image:20180506193302j:plain

8合目付近。 絶景です。 毎回思うのですが、この空気感は写真で出すのは難しいですねー 

f:id:alpha_image:20180506193332j:plain

f:id:alpha_image:20180506193359j:plain

カタクリが足元に続いています。

終わりかけも多いようです。

f:id:alpha_image:20180506193435j:plain

f:id:alpha_image:20180506193503j:plain

下蒜山山頂を過ぎ、中蒜山へ向かいます。

ここも絶景ですねー

中蒜山上蒜山、そして大山を遠望します。

f:id:alpha_image:20180506193612j:plain

f:id:alpha_image:20180506193649j:plain

縦走路を歩く人が増えてきましたねー

f:id:alpha_image:20180506193715j:plain

トキワイカリソウです

f:id:alpha_image:20180506193741j:plain

f:id:alpha_image:20180506193803j:plain

下蒜山中蒜山の中間地点。 イワカガミの群生が続いています。

f:id:alpha_image:20180506193831j:plain

f:id:alpha_image:20180506193854j:plain

f:id:alpha_image:20180506193945j:plain

今年は、やはり花に時期が早かったようです。

終わりかけも多かった。

f:id:alpha_image:20180506194015j:plain

f:id:alpha_image:20180506194037j:plain

山頂から300m下ってきました。

これから中蒜山を目指します。

f:id:alpha_image:20180506194110j:plain

f:id:alpha_image:20180506194138j:plain

 

f:id:alpha_image:20180506194210j:plain

日差しが強くなってきましたが、ブナの木陰が気持ちよかった。

f:id:alpha_image:20180506194233j:plain

ようやく中蒜山です。 山頂から上蒜山を望む。

この景色を見にここまで歩いてきました。

f:id:alpha_image:20180506194315j:plain

さすが、上蒜山までは遠かった。

中蒜山から下山です。

f:id:alpha_image:20180506194355j:plain今回も、沢山の感動をいただきました。 

写真ではなかなか表現できませんが、その空気感を感じられるような写真を撮りたいですね。 

しかし、今回は疲れました。 体力が落ちてきたねー 機材が重いこともありますが、体力維持が今年の課題となりそうです。

 

県立森林公園に春を訪ねて

今年の岡山県立森林公園の山野草は、例年よりも1週間ほど早く咲き始めたみたいです。 水芭蕉ももう終わりかけ。 もう少し早く足を運んでいたら、形の良い水芭蕉も撮れたかもしれません。 リュウキンカもサンインシロカネソウも、もう満開でした。

 

いつもの県立森林公園の入口です。f:id:alpha_image:20180422053019j:plain

 

イカーも多かったですねー

第二駐車場から第三駐車場まで車が連なっていました。

f:id:alpha_image:20180422053039j:plain

 

ビジターセンターです。

f:id:alpha_image:20180422053055j:plain

まだ,火を焚いていました。

f:id:alpha_image:20180422053112j:plain

 

さっそく水芭蕉ですが、保護区域の範囲が広がっているようで、

そこかしこに水芭蕉が咲いていました。

f:id:alpha_image:20180422053140j:plain

 

でも、群生地の今年の水芭蕉ももうお終いのようでした。

f:id:alpha_image:20180422053159j:plain

f:id:alpha_image:20180422053217j:plain

 

こちらはリュウキンカですねー よく見ると可愛くて綺麗です。

f:id:alpha_image:20180422053238j:plain

ショウジョウバカマです。

f:id:alpha_image:20180422053258j:plain

こちらもリュウキンカです。

f:id:alpha_image:20180422053316j:plain

こちらはエンゴグサ。

f:id:alpha_image:20180422053343j:plain

キクザキイチゲですねー

f:id:alpha_image:20180422053405j:plain

f:id:alpha_image:20180422053441j:plain

タチツボスミレかな? スミレは種類が多いからねー。

f:id:alpha_image:20180422053514j:plain

 

目当ての一つ、サンインシロカネソウです。

f:id:alpha_image:20180422053542j:plain

県境の水分の多い場所に咲いていることが多いようです。

f:id:alpha_image:20180422053611j:plain

f:id:alpha_image:20180422053637j:plain

こちらはミヤマカタバミだと思うのですがー

f:id:alpha_image:20180422053704j:plain

f:id:alpha_image:20180422053730j:plain

f:id:alpha_image:20180422053833j:plain

 

ブナの森も少し歩いてきました。

f:id:alpha_image:20180422053851j:plain

地を這うブナの根です。

f:id:alpha_image:20180422053929j:plain

ブナの大木です。

f:id:alpha_image:20180422053953j:plain

f:id:alpha_image:20180422054017j:plain

f:id:alpha_image:20180422054043j:plain

見上げると新緑がまぶしかった。

f:id:alpha_image:20180422054119j:plain

f:id:alpha_image:20180422054136j:plain

カメラをα7Ⅲに変えたけど、本当に使いやすくなりました。

クリエイティブスタイルはすべてニュートラルで撮っていますが

彩度の適度にある風景では、そのまま自然をリアルに切り取ってくれます。

 

今回、思い切ってSONYの50mmF1.4を除いて、すべてAマウントからEマウントに切り替えてしましました。 SONYはもう、Eマウントを本気で突き進んでいくんでしょうね。 

10日遅れのセツブンソウとアズマイチゲ

今年の冬は雪は少なかったけれども、気温の低い日が多く春の訪れも遅くなってしまいました。 美作の河合地区のセツブンソウも10日くらいは遅い開花となったのではないでしょうか。 開発や乱獲が進み、セツブンソウは希少植物だそうで、地元の人たちの保護活動に感謝です。 

先週と今週の二回訪ねてみると、丁度先週はセツブンソウが、今週はアズマイチゲが咲いていました。 小さい花ですが、可愛い花たちです。

f:id:alpha_image:20180311135929j:plain

河合地区のセツブンソウ自生地です

f:id:alpha_image:20180311150802j:plain

セツブンソウです

f:id:alpha_image:20180311135900j:plain

f:id:alpha_image:20180311135913j:plain

f:id:alpha_image:20180311135942j:plain

綺麗ですねー

f:id:alpha_image:20180311135954j:plain

 

f:id:alpha_image:20180311140009j:plain

f:id:alpha_image:20180311140029j:plain

f:id:alpha_image:20180311140051j:plain

実際はこんな感じに咲いています

f:id:alpha_image:20180311140348j:plain

ここからはアズマイチゲです

f:id:alpha_image:20180311140412j:plain

f:id:alpha_image:20180311141218j:plain

f:id:alpha_image:20180311142759j:plain

f:id:alpha_image:20180311142820j:plain

こちらも綺麗ですねー

f:id:alpha_image:20180311142857j:plain

f:id:alpha_image:20180311142921j:plain

f:id:alpha_image:20180311143004j:plain

f:id:alpha_image:20180311143041j:plain

f:id:alpha_image:20180311143056j:plain

f:id:alpha_image:20180311143113j:plain

いつまでも残していきたい風景です。

 

蒜山(春の花)

 最近、肩こりが激しく、それをリュックのせいにしている。 カメラはα7Ⅱ。 標準、広角、マクロの交換レンズに三脚。 それだけでも重い。 水1ℓ、弁当、ジャンバー、タオル、雨ガッパとスパッツ、ヘッドライトなどの緊急用品などなど。 

そんなせいもあって、昨年軽量のα6500を購入した。 Eマウントの標準ズーム16-70mmF4(35mm換算24-105mm)は軽い。 広角10-18mmF4も軽い。 100mmF2.8マクロ(旧タイプマクロ)も軽い。 これでどうだ?!

 5月初旬の蒜山は、何と言ってもカタクリやイワカガミなどの花に尽きますね。 そして、そのためには下蒜山から中蒜山までの縦走路を行かなければ勿体ない。 今回は、下蒜山を越えてフングリ乢まで歩いてきました。  

 

蒜山も少しずつ新緑の色づきとなってきました

f:id:alpha_image:20170505115925j:plain

これは、オオカメノキの花です

f:id:alpha_image:20170505120002j:plain

クサリ場を歩き始めるとトキワイカリソウが咲いていました

f:id:alpha_image:20170505120026j:plain

五合目を過ぎ、下蒜山山頂を目指します。 連休ということもあって、登山者は多かった

f:id:alpha_image:20170505120057j:plain

八合目付近からの展望

素晴らしい景色です

f:id:alpha_image:20170505120131j:plain

下蒜山山頂を通過し、フングリ乢を目指します

f:id:alpha_image:20170505120207j:plain

途中にカタクリの群生がありました

f:id:alpha_image:20170505120237j:plain

f:id:alpha_image:20170505120308j:plain

綺麗ですねー

f:id:alpha_image:20170505120341j:plain

 

フングリ乢まで300mは下ります

f:id:alpha_image:20170505120411j:plain

f:id:alpha_image:20170505120513j:plain

ブナの木陰に囲まれた山道にイワカガミが群生していました

f:id:alpha_image:20170505120606j:plain

ひっそりとした佇まい

可憐ですねー

f:id:alpha_image:20170505120632j:plain

f:id:alpha_image:20170505120706j:plain

色んなイワカガミがあります

f:id:alpha_image:20170505120734j:plain

f:id:alpha_image:20170505120758j:plain

中蒜山を見上げる

f:id:alpha_image:20170505120820j:plain

そして、こちらにも沢山のトキワイカリソウが咲いていました

f:id:alpha_image:20170505120855j:plain

f:id:alpha_image:20170505120922j:plain

こちらはタチツボスミレでしょうか

f:id:alpha_image:20170505120949j:plain

蒜山のブナはそんなに多くはありませんが

やはり、ブナの山道はいいですねー

f:id:alpha_image:20170505121024j:plain

f:id:alpha_image:20170505121133j:plain

最後にダイセンキスミレです

f:id:alpha_image:20170505121239j:plain

今回は、肩こりが少なかったかなー

写真の写りもそこそこいいし、

積極的に使っていきたいですねー

 

 

 

 

 

春の那岐山とイワウチワ

 昨年、鹿の食害によって那岐山山道のイワウチワは壊滅状態でした。 「今年はどうかなぁ?」と週末に、鳥取県側のルート(西仙コースから登り東仙コースで下山)を歩いてきました。 網を張って保護されている場所もありましたが、あのイワウチワの咲き乱れる、見事なイワウチワの群生を見ることができませんでした。 残念ですねー。 でも、保護活動をしてくださっている皆さんに感謝です。 特に春のこのコースは、是非お勧めしたいコースです。 イワウチワ、山頂からの展望、そしてブナの山道は一見の価値があります。 是非歩いていただきたいですね。

渓流の音を聴きながら山道入口に向かいます。

f:id:alpha_image:20170425222135j:plain

ミソサザイのさえずりがにぎやかでしたね。

f:id:alpha_image:20170425222214j:plain

春の木の芽が新鮮です

f:id:alpha_image:20170425222242j:plain

ゴール橋から山道に入ります。

f:id:alpha_image:20170425222312j:plain

渓流を渡ります

f:id:alpha_image:20170425222346j:plain

イワウチワの山道のはずが、全く見つけられません。

f:id:alpha_image:20170425222421j:plain

こんな風に、網がかけられています

f:id:alpha_image:20170425222501j:plain

ようやくイワウチワです。

f:id:alpha_image:20170425222528j:plain

馬の背小屋に到着

f:id:alpha_image:20170425222557j:plain

さらに、頂上を目指します

f:id:alpha_image:20170425222629j:plain

f:id:alpha_image:20170425222712j:plain

稜線の休憩小屋が見えてきました

f:id:alpha_image:20170425222746j:plain

縦走路が見えてきました

f:id:alpha_image:20170425222829j:plain

稜線から縦走路を見下ろす

f:id:alpha_image:20170425222904j:plain

那岐山南峰です

f:id:alpha_image:20170425222954j:plain

山頂から西峰を見下ろす

f:id:alpha_image:20170425223247j:plain

下山ルート(東仙ルート)は、見事なブナの道です

f:id:alpha_image:20170425223319j:plain

f:id:alpha_image:20170425223407j:plain

童話の世界に入り込んでしまったかのように感じます

f:id:alpha_image:20170425223438j:plain

ブナ

f:id:alpha_image:20170425223516j:plain

ブナの山道です

f:id:alpha_image:20170425223547j:plain

東仙コースにもイワウチワが咲いていました

f:id:alpha_image:20170425223705j:plain

少し少なめですがねー

f:id:alpha_image:20170425223738j:plain

f:id:alpha_image:20170425223825j:plain

渓流は本当に綺麗です

f:id:alpha_image:20170425223625j:plain

下山後、岡山県側から那岐山を見上げる

ヤマザクラツツジと新緑が綺麗ですねー

f:id:alpha_image:20170425223908j:plain

まだまだ鹿との戦いは続きますが、いつまでも残してほしい花ですねー

 

 

雨乞山のイワウチワ

 まだ少し肌寒さの残る初春の風を感じながらも、日の光が輝く朝は、体がうずうずしてきますね。 日曜日の午後、どうしても歩きたくなり市内の山を歩いてきました。

この雨乞山は、湯原温泉の東にそびえ、南の三坂山から眺めると丁度綺麗な正三角形に見えます。 昔、雨乞いの祈りの捧げられた山で、何よりこの時期に咲くイワウチワが見事です。 

登り口の湯本神社です。

f:id:alpha_image:20170417213308j:plain

f:id:alpha_image:20170417213405j:plain

しかし、道が荒れていました。 歩く人が少ないんでしょうね。 でも、このイワウチワの道は残しておいて欲しいです。 

初めての人なら、道に迷いそうでした。

でも綺麗ですよねー。 イワウチワ。

f:id:alpha_image:20170417213445j:plain

f:id:alpha_image:20170417213526j:plain

ちょっとトリミングして拡大します

f:id:alpha_image:20170417213736j:plain

雨乞山は急登の道で、このあたりも気を付けていないと渓流に落ちてしまいそうです。

なかなか写真を撮るのが難しいー

f:id:alpha_image:20170417213835j:plain

どうです? 可愛らしく撮れているでしょう。

f:id:alpha_image:20170417213908j:plain

一輪一輪 個性があります

f:id:alpha_image:20170417213954j:plain

f:id:alpha_image:20170417214047j:plain

f:id:alpha_image:20170417214132j:plain

真庭市の山では、イワウチワの花は、この雨乞山しか

聞いたことがありません。

鏡野町の伯州山のイワウチワはよく知られていますが、

今年はどうなんでしょう。